足の痺れの原因はお腹の筋肉?

こんにちは。

佐藤亮久整骨院の佐藤です。

今回は、足の痺れの原因についてお話しします。

 

よく足の痺れの原因はヘルニアと言われることがあります。

実際に当院に来院されている患者様も病院の先生に

「腰の骨の間が狭くなっていますね。それが原因でヘルニアになっています。このヘルニアのせいで足が痺れてるんでしょう。」

と言われた、とおっしゃっていました。

 

治療は牽引や電気、痛み止めを処方されたらしいのですが、一向に良くならず当院に来られたようです。

 

先に言っておきます!

この方の痺れの原因はお腹の筋肉でした!

 

正確に言うと大腰筋という腰の前側の筋肉なのですが、その筋肉がガチガチに固まってしまい、それが原因で痺れが出ていたのです。

 

よく痺れの原因でヘルニアが言われますが、実はヘルニアはほとんどの場合痺れの原因ではありません。

というのも、実はヘルニアは健常者の約8割の方が出ているのです。

 

ここで、少しヘルニアについてご説明をすると、もともと「ヘルニア」というのは飛び出るという意味で、椎間板ヘルニアというのはつまり「椎間板が飛び出た」という意味です。

椎間板って何かというと、背骨と背骨の間にあるクッションの事なのです。背骨は椎骨というブロックみたいな骨が並んだものであり、その椎骨というブロックみたいな骨の間にクッションである椎間板があります。

 

要するにこの椎骨と椎骨との間が圧迫などの原因で狭くなると椎間板が飛び出てくるのです。

で、この飛び出た椎間板が神経に圧迫されると痺れが出ると言われてますが、最近の研究ではヘルニアが神経を圧迫する可能性は物理的に低いようです。

 

今回の方のケースは、大腰筋というお腹の筋肉がカチカチに固まった事により神経が引っ張られて痺れが出ておられました。

当院では、痛みや痺れの原因がどこなのか?を確かめる特別な検査法があります。この検査法があるので、私が治せる疾患なのか、治せない疾患なのかもわかりますし、原因に対しての治療ができるので回復も早いのです。

 

もし、今足の痺れが出ていて病院や整骨院に行ってもなかなか改善されない方!一度当院でその痺れ、痛みの原因がどこなのか調べてみませんか?

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒525-0027  滋賀県草津市野村2-11-19
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話077-565-6117
佐藤