お母さん!産後の骨盤のゆがみ、放っておくと大変です!

こんにちは!佐藤亮久整骨院の草間です。

 

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

さて、今日のお話は、産後ママさんのからだの変化についてです。

 

 

 

最近は、

出産後のママさんに、産後の骨盤矯正をすすめる

助産師さんや産婦人科の先生が増えてきている】

という話をききます。

 

非常にいい風潮だな、と感じるわけですが、

 

それでも「忙しくて治療を受ける時間がない!」とか、

 

別に、どこも痛くないから大丈夫」と思っているママさんもいらっしゃいます。

 

 

通常、妊娠中のママさんのからだは、赤ちゃんの成長とともに、

 

背骨のカーブがきつくなり、骨盤が開いていきます。

 

今回は、骨盤のお話をメインにしていきましょう。

 

背骨のきついカーブに関してのお話は、前回書いた

 

「産後ママさんへ。仰向けで寝ると腰が痛い!のは、当たり前のこと」

を参照してください。

 

 

 

さて、妊娠中、ママさんの骨盤が広がると言いましたが、正確には、

 

骨盤全体が広がるわけではなく、恥骨結合という部分が広がります。

 

この恥骨結合が広がった部分が産道です。

 

そうです、産道を確保するために恥骨結合が開くということ。

 

そして無事に出産が済むと、ホルモンバランスの変化により、

 

半年くらいの期間をかけて自然と恥骨結合は閉じられていきます。

 

ただし、この恥骨結合が戻っていくときに一番問題となるのは、

 

どのようなバランスで恥骨結合が閉じられていくのか、という点です。

 

 

実際、恥骨の左右がバランスよく閉じられるというのは珍しいことです。

 

周囲の筋肉の硬さ、更にはその硬さの左右差が、

 

正しい位置に戻ろうとする恥骨をアンバランスに引っ張ってしまうことが多々あります。

 

そしてこのような閉じ方をしてしまうと、骨盤全体の歪みに繋がってしまうのです。

 

この骨盤の歪みを放っておくと、慢性的な腰痛や、股関節のかみ合わせに無理が生じることで

 

手術をして股関節自体を人工股関節にしなければならなくなる、などの将来的なリスクが発生します。

 

 

 

それだけでなく、次のお子さんを作るとなったときも、歪んだ骨盤の上に乗る子宮も当然歪むので、

 

妊娠がしにくくなったり、いざ出産時にスムーズに赤ちゃんが出て来なくなるといった事態にもなります。

 

 

 

近年言われている健康寿命という言葉、どんどん長くなる平均寿命、

 

せっかく長生きするなら、健康で長生きをしたいものですね。

 

特に、ご家族のために頑張らなければならないママさんたちの健康を維持していくために、

 

身体の土台である骨盤を整えることは実は大事なことなのです。

 

というわけで、佐藤亮久整骨院では、

2018年1月末期間限定

先着10名様

産後骨盤矯正【通常5400円(税込)】の

初回無料体験キャンペーン

を実施しています!

 

お気軽にお問い合わせください!

また、LINEからのご予約ご相談も受けつけております。

産後の症状のお悩みや施術についてもお答えいたします。

↓ 登録は下記の写真をクリックしてください ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒525-0027  滋賀県草津市野村2-11-19
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話077-565-6117
佐藤