佐藤亮久整骨院のブログ

ブログ

2018年【平成30年】の診療開始のお知らせ

未分類
2017年12月30日

こんにちは!滋賀県草津市の佐藤亮久整骨院です。

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

 

 

本年2017年の診療は本日12月30日で終了となります。

当佐藤亮久整骨院の新年の診療開始は、

2018年1月5日より本格的にスタートいたします。

 

お風邪や体調を崩したりしないように気をつけてお過ごしください。

そして、みなさま良いお年をお迎えください!

来年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 

なお、新年の診療のご予約など、相談事がありましたら、LINEにて対応いたします。

ご返事が遅れてしまうこともありますが、下画像のリンク↓よりご登録お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産後ママさんのホルモンバランスの変化

未分類 , 産後骨盤矯正
2017年12月26日

こんにちは、滋賀県草津市にある佐藤亮久整骨院の草間です。

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

 

 

本日は、産後のお母さんのホルモンバランスの変化について、です。

 

 

 

妊娠中に多く分泌される女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンがあります。

 

このエストロゲンは気分を明るくさせたり、前向きな気持ちにさせるホルモンです。

 

プロゲステロンは胎児がスムーズに成長できるように子宮の環境を整える働きをします。

 

このエストロゲンと、プロゲステロンは出産を機に一気に減ります。

 

そして、このタイミングでホルモンバランスが大きく崩れるので、

 

イライラしたり精神的に不安定になることは当然のことなのです。

 

 

 

出産時、授乳時には、オキシトシンというホルモンが分泌されるようになります。

 

オキシトシンは「愛情ホルモン」とも呼ばれ、赤ちゃんへの愛おしさが生まれ、

 

それと同時に守らなければ!という思いも強くなります。

 

その結果、外部に対して攻撃的になったり、

 

他人に対して警戒心が強くなり、情緒不安定になることがあります。

 

このような変化が表れているときをガルガル期と呼びます。

 

このガルガル期に関しては長くて1年程度で落ち着くと言われています。

 

ホルモンバランスの崩れが原因

 

ですから、まずはあまり考えすぎないことが大事です。

 

なんで?!なんでこうなってしまうの?!と考えたところで

 

ホルモンバランスは整いませんから、考えすぎないこと、これがとても大事。

 

 

 

さて、このガルガル期で情緒が不安定になっているところに、

 

赤ちゃんを守らねばという無意識の緊張感、睡眠不足、旦那が非協力的……

 

このようなさまざまなストレスの要因が重なり、

 

結果的に産後うつの状態に陥ってしまうこともあるのです。

 

 

 

産後のお母さんの感情が上手にコントロールできないような状態、このようなしんどさ、ツラさを

 

少しでも軽減させるにはやはり周囲の協力が不可欠です。

 

しかし、旦那さんは働いている、実家は遠い、近所にママ友がいないなど、

 

意外と協力者が身近にいないという環境で頑張っている方も多いはずです。

 

産後のお母さんにとって、どれだけ赤ちゃんが可愛くても、

 

言葉でのコミュニケーションが成り立たない子を相手に、

 

24時間常に一緒という状況は少なからずストレスなんです。

 

 

 

無理に赤ちゃんと一緒にいようとするより、少しの時間だけでも信頼できる人に預け、

 

離れられる時間を作ること、これが大事なんですね。

 

たとえば、保育園に一時的に預けるというのも一つの手段でしょう。

 

また、肉体的にも精神的にも疲労困憊、体じゅう痛いところだらけ……

 

といった悩みのあるお母さんなら、身体の調子をリセットさせる必要もあるでしょう。

 

そんなときには、佐藤亮久整骨院にいらしてみてはいかがでしょうか?

 

赤ちゃんのお世話は受付スタッフがしますので

安心して施術を受けていただけますよ!

 

 

 

なお現在、佐藤亮久整骨院では

1月末までの期間限定

先着10名様産後骨盤矯正無料

体験していただけます!

 

ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

産後骨盤矯正の無料体験会については、

佐藤亮久整骨院【☎077-565-6117まで

LINEでのお問い合わせも可能です。

下記リンクより、ご登録おねがいします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産後の骨盤の歪み、開きによってどんなことが起きるの?

未分類 , 産後骨盤矯正
2017年12月25日

こんにちは!佐藤亮久整骨院の草間です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

 

さて、今日のお話は、産後の骨盤の歪み、開きによって起こること、についてです。

 

治療院の先生として、患者さんに「産後の骨盤の歪みは痛み、股関節の痛みなどの原因になるんですよ」

 

ということをお伝えすることはよくあります。

 

実際に、痛みなどで困っている方が多く来院されているからです。

 

しかし、痛み、違和感などの自覚症状として分かること以外にも、

 

骨盤が開くことで、実はいろいろなことがからだには起きているのです。

 

産後の骨盤を締めないことでからだはどうなるの?

    ■骨盤が開いていることで内臓が下垂してしまう。→代謝が下がる。

    ■内臓全体が下がってしまうことで腸が圧迫される。→便秘になってしまう。

    ■骨盤が広がることで、ヒップ大きくなる。→土偶のような体形になってしまう。

    ■開いた骨盤が足の付け根の血管やリンパを圧迫する。→足のむくみや冷えに繋がる。

    ■血液、リンパの流れが滞る。身体が疲れやすくなりからだの回復が遅れる。

 

 

このように痛みが出るというだけでなく、内臓に影響が出たり、

 

血液、リンパ等の循環が悪くなることでからだの回復が遅くなったり、

 

からだにとっていろいろなデメリットが発生するんですね。

 

 

そこで、佐藤亮久整骨院では、

産後骨盤矯正の無料体験を行っております。

1月末まで期間限定、先着10名様!

初回の施術【通常5400円】を無料にて体験していただけます!

 

 

お悩みの方、ご興味のある方は佐藤亮久整骨院へお問い合わせください。

  ☎077-565-6117 佐藤亮久整骨院

午前診療は、受付スタッフが、産後ママさんの代わりにお子さまをお預かりいたしますので、

安心して施術を受けていただけます。

お子さまをお連れの場合は、あらかじめご予約の際にお伝えいただくとスムーズです。

なお、ご予約、ご相談等はLINEでも承っております。

登録は下記リンクよりお願いいたします↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次ページへ »« 前ページへ