Tap to close
   

あれ?!産前に履けていたデニムが、履けない…

あれ?!産前に履けていたデニムが、履けない…

佐藤亮久整骨院への電話番号 佐藤亮久整骨院への道案内

あれ?!産前に履けていたデニムが、履けない…

こんにちは。

滋賀県草津市の佐藤亮久整骨院の草間です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

今回も産後のお母さんが抱える悩みについて

お答えしたいと思います。

 

さて、当院に産後骨盤矯正を受けにこられている

産後のお母さんたちから

「産前に履けていたデニムが履けなくなった」

という悩みをよく耳にします。

なぜ履けないのでしょうか?

もう少し、その産後のお母さんたちの悩みを掘り下げてみると

主に

“骨が引っ掛かっている感じ”

“お腹が引っ掛かっている感じ”

の2パターンがありました。

 

1つ目の、“骨が引っ掛かっている”というのは、

要するに、骨盤が広がっているから。

 

開いた骨盤は出産後、ホルモンバランスの変化により

自然と閉じていきます。

出産時、赤ちゃんが産道を通るのを合図に

ホルモンが切り替わるのです。

 

では、赤ちゃんが産道を通らず

帝王切開で分娩した場合は、

どうなってしまうのでしょうか?

ホルモンが切り替わるタイミングを

逃してしまった結果として、

「骨盤がしっかり閉じない」

という事態に陥ってしまうのです。

 

そもそも女性のホルモンバランスは

妊娠中から産後にかけて大きく変化します。

ですから、自然分娩であろうが、帝王切開であろうが、

自然に任せた骨盤の閉じには大きく個人差が出てしまいます。

 

 

2つ目の“お腹が引っ掛かっている”のは、

妊娠前にはなかったお肉が邪魔しているからです。

 

妊娠中、胎児の成長とともに

お母さんの身体の重心は大きく変化します。

妊娠前と重心が変わることで、

お母さんの立ち方、歩き方もバランスが崩れます。

「妊娠中に歩き方がおかしくなった」

これもまた、産後のお母さんたちからよく聞く言葉です。

 

全身の筋肉をバランスよく使えていれば、基礎代謝は上がります。

しかし、全身の筋肉のバランスが崩れてしまうと、

極端に負担がかかる部位と、まったく使わない部位の

両極端が発生してしまうのです。

このバランスが崩れた歩き方が、妊娠中のお母さんの歩き方です。

結果として、基礎代謝が落ちてしまうんですね。

基礎代謝を上げることも産後のお母さんお腹の肉を減らすための

重要なポイントになるのです!

 

 

妊娠前のデニムを履くためには、

・骨盤の歪みを取り、物理的に骨盤を閉めること

・基礎代謝を上げるために全身のバランスを良くすること

この2点が大事になってきます。

 

 

当院で行っている産後骨盤矯正は、

この2つのポイントに対してもアプローチしています。

 

骨盤を物理的に閉めることにより、

筋肉や内臓が本来の正しい位置に戻る。

全身の筋肉が使えるようになり、

更には内臓の働きもよくなります。

結果として基礎代謝が上がる。

「デニムが履けなくなった」という悩みを

産後骨盤矯正を受けることで解決したいと思いませんか?

 

 

産後骨盤矯正に関して詳しく知りたい方は、下記リンクからどうぞ。

当院の産後骨盤矯正について詳しくはこちら

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

佐藤亮久整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

下記のお客様はご予約・ご利用を
お断りさせていただく場合がございます。

・1回だけお試しの方
・変更が多い方
・当日変更やキャンセルのある方

  • 完全予約制

  • 休診日日曜・祝日
  • ※水曜・土曜営業9:00~13:00
営業時間 日祝
9:00〜14:00
17:00〜21:00 × ×