Tap to close
   

「骨盤ベルトって意味あるんですか?」

「骨盤ベルトって意味あるんですか?」

佐藤亮久整骨院への電話番号 佐藤亮久整骨院への道案内

「骨盤ベルトって意味あるんですか?」

こんにちは。

佐藤亮久整骨院の草間です。

いつもブログを見ていただきありがとうございます。

本日も当院に来られている

産後骨盤矯正を受けておられる患者さんからの

疑問についてお答えしたいと思います。

 

 

「骨盤ベルトって意味あるんですか?」

産後のお母さんはよくこう質問されます。

結論からお答えすると、あまり意味ないです。

 

こんな言い方をしてしまうと、語弊があるので、

もう少しちゃんとお話ししましょう。

 

まず、産後のお母さんの骨盤はどうなっているでしょうか?

 

日頃、骨盤を安定させているのはじん帯です。

このじん帯、筋肉よりも強力な力を持った組織だと考えてください。

赤ちゃんの出産に向け、骨盤まわりのじん帯は緩んだ状態になります。

しかし、出産を終えても、このじん帯はすぐに元には戻りません。

産後は骨盤まわりのじん帯がゆるんでいるので、

骨盤自体がとても不安定なのです。

 

この骨盤が不安定な状態をとりあえず安定させるためには

骨盤ベルトは有効な手段でしょう。

ただ、あくまで“とりあえず閉める”場合に限ります。

出産後、

「腰や骨盤が痛くて自力での歩行ができない。」

「やっとのことで、手すりを掴みながらなら歩行ができる。」

というような方に対しては、骨盤ベルト。

グラグラした骨盤を“とりあえず閉める”ことが

応急処置となるのです。

骨盤が少しでも安定することで、痛みの軽減が考えられるからです。

 

しかし、産後の骨盤ってとりあえず閉めれば済む話でしょうか?

僕はそうは思いません。

“とりあえず閉める”ことで、下写真の骨模型のように

バランスよく骨盤が戻るとは考えにくいからです。

 

昔に子育てを経験した、今のおばあちゃん世代の方は

股関節とか、膝関節を手術している方が多いんです。

なぜでしょうか?

実はこれ、

産後の骨盤の歪みを放っておいた結果だと思います。

昔のお母さんも骨盤ベルトはしていたでしょう。

しかし、ゆがんだ状態で骨盤ベルトで骨盤を閉めこんでいたのです。

 

「産後骨盤矯正」という言葉は、おばあちゃん世代の方が

産後のお母さんだった頃にはなかった言葉です。

そう、産後の骨盤のケアなどせずに

産後、すぐに家事に育児に大忙しに働き続けたツケ。

 

骨盤がゆがんだままに

家事、育児、育休明けの仕事復帰と

休む間もなく身体に鞭打つ産後のお母さんには、

こんなリスクがあるのです。

 

“骨盤をただむやみに閉める”と“ゆがみを取ったうえで骨盤を閉める”

には大きな差があることは分かっていただけたでしょうか?

 

さて、当院では産後の骨盤をただむやみに閉めるのではなく、

産後の骨盤のゆがみをとって閉める、産後骨盤矯正の施術をしています。

産後の育児、家事、その先の仕事復帰…

身体のケアをするためには

産後の今のタイミングが一番良いと思います。

産後骨盤矯正について詳しく知りたい方は下記リンクよりどうぞ。

産後骨盤矯正について詳しく知りたい方はこちらから

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

佐藤亮久整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

下記のお客様はご予約・ご利用を
お断りさせていただく場合がございます。

・1回だけお試しの方
・変更が多い方
・当日変更やキャンセルのある方

  • 完全予約制

  • 休診日日曜・祝日
  • ※水曜・土曜営業9:00~13:00
営業時間 日祝
9:00〜14:00
17:00〜21:00 × ×