Tap to close
   

産後の膝の痛みって、どうして起こるの?

産後の膝の痛みって、どうして起こるの?

佐藤亮久整骨院への電話番号 住所

産後の膝の痛みって、どうして起こるの?

こんにちは。

滋賀県草津市の佐藤亮久整骨院の草間です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

今回も産後のお母さんの疑問について

書いていきたいと思います。

 

さて、当院に来られる産後のお母さんが

不思議そうな顔で質問してこられます。

「産後から、床から立ち上がりや

階段の昇り降りで膝が痛いんですけど、

なぜなんですか?」

妊娠・出産において、

お母さんの骨盤や腰に影響が出ることは

なんとなく想像がつくと思います。

しかし、なぜ膝にも影響が出るのでしょうか?

 

実はこの産後の膝の痛みですが、

身体のバランスの変化によって

引き起こされています。

では、

妊娠中から起こっている

身体のバランスについて考えてみましょう。

 

妊娠し、徐々にお腹が大きくなるにつれ、

腰は反っていきます。

そして、お腹の赤ちゃんを受けるために

骨盤は後傾していきます。

骨盤が後傾した人が立つと、どうでしょうか?

骨盤が後ろに傾くと、上半身はのけ反ってしまうので、

背中を丸め、膝を曲げることでバランスを取ります。

骨盤の後傾している人が

立ち姿勢をキープするためには、

膝を曲げなければバランスが取れないのです。

ピンと伸びきっていない膝とは違い、

曲がった膝は常に膝周囲の筋肉に力が入ります。

「骨盤後傾による、膝まわりの筋肉への過度の負担」

これが産後の膝の痛みの原因だったのです!

 

骨盤が後傾しているか否か、

ひとつ簡単に判断できる方法があります。

仰向けにゴロンと寝転んでください。

・膝を伸ばそうと力を入れずとも床に膝裏が接触する人が正常です。

・力を入れて膝を伸ばせば床に膝裏がつくという人もまずまずです。

・頑張って膝を伸ばしても床に膝裏がつかない人は骨盤後傾です。

 

あくまで一つの目安ですが、

骨盤が後傾している人は

「全身の力を抜いて仰向けに寝たときに膝が伸びきらない」

のが一つの特徴です。

「立位では膝がピンと伸びている」

このとき、股関節から足首の

骨の軸で身体を支えるため

筋肉に余計な力を入れる必要がありません。

 

しかし、

骨盤が後傾している人の場合はどうでしょうか?

「骨盤が後傾している人=膝がピンと伸びていない人」です。

膝が曲がっていると、

膝まわりの筋肉に力が入り続けます。

 

だから、

産後のお母さんは膝に痛みが出やすいんですね!!

 

では、膝を伸ばすように立つにはどうしたらよいか?

まずは、骨盤を前傾させなければなりません。

骨盤の開きを整え、骨盤が前に傾くように

調整する必要があります。

 

膝が伸びることで、

膝周囲の筋肉に負担がかからなくなるので

産後の膝の痛みはなくなっていくのです。

 

当院の産後骨盤矯正は、

骨盤の歪みを整え、妊娠前の状態に戻すことです。

「膝が痛いけど原因がよく分からない・・・」

と不安に思っているのであれば、

しっかり骨盤から見直していく必要があります!!

 

更に詳しく産後骨盤矯正について知りたい方はこちら

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

佐藤亮久整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

下記のお客様はご予約・ご利用を
お断りさせていただく場合がございます。

・1回だけお試しの方
・変更が多い方
・当日変更やキャンセルのある方

  • 完全予約制

  • 休診日日曜・祝日
  • ※水曜・土曜営業9:00~13:00
営業時間 日祝
9:00〜14:00
17:00〜21:00 × ×
LINE特典LINE無料相談受付中
LINE特典LINE無料相談受付中