Tap to close
   

産後の尿もれってトレーニングするしか方法はないの?

産後の尿もれってトレーニングするしか方法はないの?

佐藤亮久整骨院への電話番号 佐藤亮久整骨院への道案内

産後の尿もれってトレーニングするしか方法はないの?

こんにちは。

滋賀県草津市にある佐藤亮久整骨院の草間です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

本日は産後のお母さんの

あまり大きな声では言えない悩みについてのお話です。

産後のお母さんが悩んでいることの一つに

尿もれ」というのがあります。

せきやくしゃみをした瞬間、

赤ちゃんを抱っこしようとグッと力を入れた瞬間に

「あっ!まずい!!」

となってしまうアレです。

なかなか他の人に相談しにくいですよね。

 

インターネットで調べると、

 

『尿もれの原因は骨盤底筋群が弱くなっているから!

 だからしっかりエクササイズをしましょう!』

 

という内容の記事をよく目にします。

 

骨盤底筋群の弱化、確かにそれが原因です。

では、なぜ骨盤底筋群が弱化するのか?

について、もう少し掘り下げてみましょう。

 

骨盤底筋群が弱化する理由、

それは、産後のお母さんの骨格の問題です。

人体の構造上、骨盤が後傾していると

骨盤底筋群は上手に機能しません。

そもそも、

産後に骨盤が後傾していることが

尿もれの根本的な原因になるのです。

 

産後のお母さんの骨盤後傾は、

赤ちゃんがおなかの中にいた頃から

すでに始まっています。

妊娠後期、臨月と、

おなかの赤ちゃんが大きくなることで、

お母さんの骨盤は赤ちゃんを受け止めるべく

だんだん後傾しなければなりません。

 

ですから、尿もれの症状は産後だけでなく、

妊娠中から悩まされているお母さんも多いです。

 

さて、産後も尿もれが続いているというのは、

言いかえると

骨盤が後傾している状態が

ずっと続いている

ということです。

 

本来であれば、出産後、

骨盤はホルモンバランスの変化により、

自然と妊娠前の状態に戻っていくハズなのです。

しかし、授乳や抱っこ、オムツ交換など、

育児で背中を丸めた姿勢が定着している人は、

その背中の丸さに合わせて

骨盤が後傾してしまいがちです。

骨盤の後傾がクセづくことで、

尿もれが全然治らないという

影響が出てきてしまうのです。

 

しかし、実際のところ子育ての負担や、

妊娠前からすでに骨盤のゆがみがきつかった

など、産後の骨盤の状態には

だいぶ個人差が出てしまいます。

 

このように産後の尿もれと、

骨盤のゆがみ、特に後傾するクセは

互いに影響しあっているのです。

 

産後骨盤矯正によって、骨盤のゆがみを整え

しっかりと閉めていくことで、

自然と産後の尿もれは解消されていきます。

 

骨盤を妊娠前の状態に戻していくことが、

産後の尿もれを治すポイントになるんですね!

 

当院の産後骨盤矯正に関して詳しくはこちらから

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

佐藤亮久整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

  • 完全予約制

  • 休診日日曜・祝日
  • ※水曜・土曜営業9:00~13:00
営業時間 日祝
9:00〜14:00
17:00〜21:00 × ×