Tap to close
   

産後の体重が思うように減らなくて

産後の体重が思うように減らなくて

佐藤亮久整骨院への電話番号 住所

産後の体重が思うように減らなくて

こんにちは。

滋賀県草津市にある佐藤亮久整骨院の草間です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

本日は産後のお母さんの悩みについてのお話です。

当院には産後2か月くらいからお母さんが

産後骨盤矯正を受けに来られます。

この産後骨盤矯正を受けに来られているお母さんたちから

こんな言葉もよく聞きます。

「妊娠前の体重に戻りたい・・・」

 

 

そうなんです。

身体が痛いという悩みだけではなく、

このような体型とかスタイルについての悩みも

想像以上に多い気がします。

「以前と比べても代謝が極端に落ちた」

と産後のお母さんは口を揃えて言います。

 

さて、女性は妊娠・出産を経て、

身体のバランスはだいぶ崩れてしまっています。

立っているときの重心点や、身体の使い方のバランスなど

物理的に崩れている部分もあれば

ホルモンバランスなど、目に見えない部分のバランスも

大きく崩れてしまっています。

ちなみに母乳で子育てをしているお母さんのほうが

栄養を赤ちゃんにとられるのもあり

比較的痩せやすいです。

ただ、痩せやすいのをいいことにお菓子を食べすぎて

むしろ体重が増加してしまうお母さんもなかにはいますが。。。(笑)

 

 

さて、「妊娠で増えた体重が思うように減らない」

のはなぜなのか?

話を戻しましょう。

 

 

 

大事なことは「身体のバランス」です。

妊婦さんはお腹が大きくなるにつれて、

身体の重心点が後ろになってきます。

かかとに体重がかかりやすい姿勢

といえば伝わりやすいでしょうか?

お腹の赤ちゃんを受けるような骨格になってしまうのです。

ちょっと専門的な言い方をすると、

「骨盤の後傾」です。

この骨盤の後傾は出産を終えたからといって

すぐに産前の状態に戻るわけではありません。

この「骨盤の後傾」が実は代謝にも影響しているのです。

どういうことかというと、

筋肉の伸び縮みによってもエネルギーを消費するということです。

 

 

妊娠中、骨盤が後傾すると背中が丸まってしまいます。

すると、お腹の奥にある腸腰筋

上手に動かなくなってしまいます。

更に骨盤が後ろに傾いている状態では

歩幅が狭くなるという影響も出ます。

歩幅が狭く“ペタペタ”と地面に足をつく歩き方では

ふくらはぎの伸縮はあまり起こりません。

逆に広い歩幅で歩くと、

必然的にふくらはぎがよく動くようになります。

 

この腸腰筋ふくらはぎのように

身体のそこかしこで機能しない筋肉が出てきてしまうのです。

機能しない筋肉があると、

他の部位が頑張ってカバーしなければなりません。

すなわち、身体への負担のかかり方にかたよりが出るのです。

 

 

 

このように、身体の使い方のバランスが崩れると

基礎代謝が上がらないばかりか

身体へのかたよった負担がかかり

そのままバランスが崩れた状態で過ごし続けると

いずれ痛みまで出てしまうのです。

 

 

 

妊娠・出産を経て、身体のバランスは確実に崩れてしまいます。

産後に骨盤を整えることで

身体の痛みだけではなく

基礎代謝も上がっていきます。

体重に関して、骨盤のゆがみも関係しているかもしれません。

 

当院の産後骨盤矯正について詳しくはこちら

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

佐藤亮久整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

下記のお客様はご予約・ご利用を
お断りさせていただく場合がございます。

・1回だけお試しの方
・変更が多い方
・当日変更やキャンセルのある方

  • 完全予約制

  • 休診日日曜・祝日
  • ※水曜・土曜営業9:00~13:00
営業時間 日祝
9:00〜14:00
17:00〜21:00 × ×
LINE特典LINE無料相談受付中
LINE特典LINE無料相談受付中