Tap to close
   

【産後】仰向けで寝ると腰が痛い

【産後】仰向けで寝ると腰が痛い

佐藤亮久整骨院への電話番号 佐藤亮久整骨院への道案内

【産後】仰向けで寝ると腰が痛い

こんにちは。

滋賀県草津市にある佐藤亮久整骨院の草間です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

本日は産後のお母さんはなぜ仰向けで寝られないのか?

についてお話ししようと思います。

 

 

産後のお母さんの施術に入っていて、

このような言葉もよく聞きます。

「仰向けで寝るのがしんどいんです」

なかには、長年仰向けでは寝られず、

横向きでしか寝られないという方もいらっしゃいます。

「寝返りすら打ちたくない」とまで

言われる方も。

 

さて、いったいどういうことでしょうか?

 

床などの硬いところに仰向けで寝てみてください。

腰と床の間に隙間がありませんか?

仰向けの状態で腰が反ってしまっている状態です。

(↑適切な素材がなかったのですが、こういうことです)

隙間がある人はあまり身体の状態が良いとは言えません。

 

 

特に産後のお母さんの場合、仰向けで寝たときに腰が反ってしまうのは

仙骨という骨盤の真ん中の骨の角度に問題があります。

 

反り腰=骨盤前傾

というイメージがあるかもしれません。

骨盤の前傾という表現は少し正確ではありません。

骨盤は「寛骨+仙骨」で成り立っています。

前傾しているのは「寛骨+仙骨」ではなく

仙骨のみが前傾しています。

 

出産前に赤ちゃんが産道をスムーズに通れるように

仙骨は前傾していきます。

仙骨が前傾しなければ、

出産時に尾てい骨を赤ちゃんに頭突きされ

場合によっては尾てい骨を骨折してしまうこともあるんですよ!

この仙骨が前傾するクセが産後も残っていることで

腰が反らざるを得ないのです。

 

人体の構造上、仙骨と寛骨は逆の動きをします。

専門的な言い方をすると「仙骨のうなずき運動」というものです。

仙骨が後傾した場合、寛骨は前傾します。

逆に、仙骨が前傾した場合、寛骨は後傾します。

 

産後のお母さんは仙骨が前傾しますから、

必然的に仰向けで寝たときに

腰が浮いてしまう状態になってしまうのです。

 

これが産後のお母さんの仰向けで寝れない原因だったんですね!

 

このような産後の骨盤まわりのトラブルに関しては

当院の産後骨盤矯正によって解決できます。

当院の産後骨盤矯正について詳しくはこちら

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

佐藤亮久整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

  • 完全予約制

  • 休診日日曜・祝日
  • ※水曜・土曜営業9:00~13:00
営業時間 日祝
9:00〜14:00
17:00〜21:00 × ×