Tap to close
   

【四十肩・五十肩】今夜も肩が痛くて眠れない

【四十肩・五十肩】今夜も肩が痛くて眠れない

佐藤亮久整骨院への電話番号 佐藤亮久整骨院への道案内

【四十肩・五十肩】今夜も肩が痛くて眠れない

こんにちは。

滋賀県草津市にある佐藤亮久整骨院の草間です。

本日は四十肩・五十肩についてのお話です。

当院に来られる四十肩・五十肩の症状を抱えている患者さんが

一度は経験している悩み、それは「夜間痛」です。

この夜間痛は、五十肩症状の代表的な症状のひとつと言えるでしょう。

 

夜間痛とは文字通り、夜間に出る痛みです。

「夜寝るときに肩が疼いて眠れない」

といった症状であったり、

「深夜に肩が疼くような痛みが出て

そのまま寝付けなくなってしまう」

といったような症状です。

 

まず、なぜ身体は痛みを感じるのか?

というところからお話ししましょう。

 

肩が痛むという場合、

それは肩の周囲で酸素が不足している状態になっているのです。

体内の酸素が不足している部分から

ブラジキニンなどの発痛物質が発生します。

この発痛物質を脳が認識することによって

「肩が痛い」と感じるわけです。

血液にのって酸素は全身を巡ります。

肩に酸素が足りていないというのは

言い換えると、

「肩の血液循環が悪くなっている」

ということなのです。

 

 

たとえば「就寝前に肩が痛む」というのは、

その日一日を過ごしてきた中で

負担が少しずつかかっていった結果

肩周囲の筋肉が固まってしまっていると考えられます。

 

「夜中寝ているときに痛みを感じる」というのは、

寝ている間に寝返り程度しか身体を動かしていないことで

肩まわりの筋肉が徐々に固まっているのが原因と考えられます。

 

さて、この夜間痛が発生すると、睡眠の質が極端に下がっていきます。

本来人間の身体はしっかり睡眠をとり

身体を休息させることによって

治療などをする必要もなく回復するはずなのです。

睡眠の質が極端に下がることにより

疲労回復ができず、どんどん身体に疲労をため込んでしまうのです。

このサイクルが続けば続くほど身体は悪くなるばかり。

結局、治療をしても良くなるのに時間がかかってしまうというのも事実です。

 

 

ですから、睡眠を妨げるような肩の夜間痛が出始めたときには

十分に注意してください。

睡眠の質が落ちれば、身体の回復はおのずと遅れてしまいます。

結果として四十肩・五十肩の症状が加速度的に

悪化してしまう可能性があります。

 

四十肩・五十肩かな?

こんな風に不安を覚えたときには早い段階で

治療を受けることをおすすめします。

 

当院の四十肩・五十肩治療に関して詳しく知りたい方はこちら

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

佐藤亮久整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

  • 完全予約制

  • 休診日日曜・祝日
  • ※水曜・土曜営業9:00~13:00
営業時間 日祝
9:00〜14:00
17:00〜21:00 × ×