Tap to close
   

【産後】膝やかかとが痛くなる理由

【産後】膝やかかとが痛くなる理由

佐藤亮久整骨院への電話番号 佐藤亮久整骨院への道案内

【産後】膝やかかとが痛くなる理由

こんにちは。

滋賀県草津市にある佐藤亮久整骨院の草間です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

今回は産後の身体の重心についてのお話です。

当院に来られる産後のお母さんの中に

「産後からなぜか膝が痛くなった」

「産後からきっかけが分からないけれどかかとが痛い」

と不思議そうな顔をして

このようなことをおっしゃられることがあります。

それはなぜなのでしょうか?

 

一体何が問題なのか?

先に答えから申しますと、

妊娠・出産を経て

「重心点が変わってしまったこと」

これが膝やかかとに症状が出るようになっている

原因なのです。

さて、「重心点」と言われても

あまりピンと来ないかもしれません。

 

妊娠・産後を経て、女性の身体の重心点はずれていきます。

妊娠中お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて

赤ちゃんを受けるために骨盤の後傾が起こります。

すると、必然的に足は「がに股」になっていきます。

 

出産後にこの骨盤の後傾しているクセも

前傾方向に戻ってくれれば良いのですが、

産後のお母さんの骨盤はなかなか

前傾方向に戻ってくれません。

 

人間が立っているとき、

足の裏は、親指の付け根、小指の付け根、かかと

この3点で体重を分散させているのが、正常です。

しかし、がに股になってしまうと、どうなるでしょうか?

 

これを読んでいる人も

今立ち上がってがに股になってみてください。

親指の付け根に体重が乗らず、

小指の付け根とかかとの2点に体重がかかってしまうのが

おわかりでしょうか?

立ちにくいですよね?

身体がグラグラしてしまうので足に不必要な力が入りませんか?

 

足裏のバランスが悪くなっています。

土台が不安定だと身体全体が安定するように

常に足の筋肉に力が入る状態になっているのです。

この状態で日常生活を過ごしていれば

必然的に疲労は溜まりやすくなります。

だから膝にも痛みが出てしまうんですね。

 

 

 

かかとの痛みが出ている人、

このような症状が出ている方は

極端に表現すると

「かかとだけに体重をかけて歩いている」人です。

骨盤が後傾していることで

ふくらはぎが固まってきます。

ふくらはぎは膝からかかとに付着しているので、

このふくらはぎが固まると

かかとが引っ張られるような状態になってしまうのです。

だからかかとに痛みが出てきてしまうのです。

 

産後、膝に痛みが出るのもかかとに痛みが出るのも

原因は「がに股=骨盤の後傾」です。

産後骨盤矯正によって出産による骨盤の後傾は解消されます。

骨盤の後傾が前傾方向に整ってくると

膝やかかとの症状は取れていきます。

 

当院の産後骨盤矯正を詳しく知りたい方はこちら

 

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

佐藤亮久整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

下記のお客様はご予約・ご利用を
お断りさせていただく場合がございます。

・1回だけお試しの方
・変更が多い方
・当日変更やキャンセルのある方

  • 完全予約制

  • 休診日日曜・祝日
  • ※水曜・土曜営業9:00~13:00
営業時間 日祝
9:00〜14:00
17:00〜21:00 × ×