Tap to close
   

【産後】O脚がひどくなった!!

【産後】O脚がひどくなった!!

佐藤亮久整骨院への電話番号 佐藤亮久整骨院への道案内

【産後】O脚がひどくなった!!

こんにちは。

滋賀県草津市の佐藤亮久整骨院の草間です。

今回は産後のお母さんの悩みのひとつ

「O脚」「がに股」についてです。

 

さて、このO脚やがに股はなぜ起こるのでしょうか?

これらの原因は妊娠しているときからのクセです。

妊娠中、女性の身体は大きく変化していきます。

その中でも顕著に表れるのは骨盤の後傾です。

もっと正確に言うと、「寛骨の後傾」です。

赤ちゃんが大きくなるにつれて

寛骨は後傾します。

お腹にいる赤ちゃんの重さを受ける必要があるからです。

寛骨が後傾してしまうことで下の図のような姿勢になってしまうのです。

 

骨盤が後ろに傾くのと、背中が丸まってしまうのは

お分かりでしょうか?

更に上の図を見ての通り、

一番の問題は「膝が曲がる」ことです。

骨盤が後傾し、膝を曲げることによって

どうにか立位の姿勢を保とうとするのです。

 

とは言え、上の図のように、実際に膝が曲がってしまうほどの

寛骨の後傾が起こる人はそこまで多くないです。

しかし、ピンッ!と伸び切らない状態になっている

妊婦さんがほとんどです。

膝が伸び切らないという骨格になってしまっているから

足の外側に体重がかかるように立つことになり、

O脚、がに股のクセが強く出てしまうのです。

 

ひとつ想像してください。

がに股で背中を丸めて歩いているおじいさんを

道で見かけることはありませんか?

お腹の中に赤ちゃんがいるかいないかの差だけで

実は、妊娠中の女性は

道で見かけるがに股のおじいさんと

変わらない骨格の歪みかたをしているのです!!

 

妊娠中に歪んでしまった骨盤は

産後、ホルモンバランスが

妊娠前の状態に落ち着いていくのとともに

骨盤も徐々に本来のバランスに戻ろうとします。

しかし、ここには個人差があります。

子育て中の身体の使い方のクセが強いお母さんは

どうしてもそのクセが身体に定着しやすいです。

 

たとえば、授乳時の姿勢。

ソファーで授乳するときなどは浅く座って

背もたれにも背中を当てて座りませんか?

この座り方では寛骨も後傾するし、背中も丸まります。

 

じゃあ、どうすればよいか?

授乳クッションを使うのは定番でしょう。

あとは、、、

授乳に関して言えば、解決策が思いつかないのです。

授乳クッション以上になにか良い解決策があれば

是非教えてください!!

 

というわけで、現状、姿勢の崩れに関しては

治療して子育てのクセをリセットすることが

最良の解決策です。

自宅でストレッチや体操などのセルフケアだけでは

やはりある程度限界があるように感じます。

 

 

当院の産後骨盤矯正は、

骨盤だけではなく、全身のバランスも診ていきます。

このような治療によって育児の負担に

耐えられる身体に変えていくことが大切です。

ただでさえ出産後で体力の低下が起きているので、

妊娠前の体力に戻すことが

ストレス少なく子育てをするための

大事なポイントでもあるんですよ!

 

当院の産後骨盤矯正について詳しくはこちら

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

佐藤亮久整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

下記のお客様はご予約・ご利用を
お断りさせていただく場合がございます。

・1回だけお試しの方
・変更が多い方
・当日変更やキャンセルのある方

  • 完全予約制

  • 休診日日曜・祝日
  • ※水曜・土曜営業9:00~13:00
営業時間 日祝
9:00〜14:00
17:00〜21:00 × ×