Tap to close
   

四十肩・五十肩の原因とは?

四十肩・五十肩の原因とは?

佐藤亮久整骨院への電話番号 住所

四十肩・五十肩の原因とは?

こんにちは。

滋賀県草津市にある佐藤亮久整骨院の草間です。

本日は五十肩に関してのお話です。

 

五十肩の症状で当院に来られる方がいらっしゃいます。

五十肩って皆さんはどんなことをイメージされますか?

肩が上がらない、腕が背中側に回らない、夜に肩が痛くて疼く、、、

こんなところが皆さんも思い浮かぶところでしょうか?

 

この五十肩ですが、40歳以上の多くの方が

経験されているのではないでしょうか?

なかなか厄介な症状です。

 

そもそも五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」です。

「肩の関節の周囲で何かしらの炎症が起きている」

ということです。

この「何かしら」がなかなかタチが悪いのです。

 

肩が痛くて動かせない状態、

まず考えられることとしては、

筋肉の問題です。

 

筋肉の問題に関しては筋肉に対しての治療をすればよいです。

これは徒手療法による治療が一番合っています。

肩まわりのガチガチに固まっている筋肉をゆるめていく必要があります。

この治療に関しては痛みを伴います。

固まっている筋肉が拘縮し変性しているような状態なのです。

このように伸縮性を失った筋肉に対しては

一度刺激をいれて壊し、再生する必要があります。

「壊して再生する」

なにか恐ろしいことを想像されるかもしれません。

「固まった筋肉をゴリゴリとゆるめ、

患者さん自身の回復力によって

本来の伸縮性のある筋肉を取り戻していく」

ということです。

 

ただし、筋肉が固まっているだけが原因ではなく、

腱板が断裂している場合もあります。

腱板というのは俗にいうインナーマッスル。

棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋を指します。

この筋肉の損傷がひどく、腱板の完全断裂が起きている場合などは

手術が必要になる可能性も出てきます。

 

その他の可能性として考えられるのは

関節内にカルシウムが沈着しているような場合です。

症状が始まった頃は

関節内に溜まったカルシウムはミルク状ですが

症状が進行するとカルシウムも固まってきて、

石膏のように固くなります。

このようにカルシウムの沈着も進行してしまうと

手術の可能性が出てきます。

 

 

四十肩、五十肩に関しては

筋肉の拘縮、腱板断裂、カルシウム沈着

この3つが原因であることが多いです。

筋肉の拘縮に関しては直接筋肉に刺激を入れて

柔軟性のある筋肉になるように治療していく必要があります。

 

腱板断裂、カルシウム沈着に関しても

症状がそれほど進行していない場合、

筋肉に対する治療を続けることで

患者さんの感じている痛みは緩和していきます。

まず、肩周囲の血行を良くすることが

快方へのきっかけとなります。

四十肩、五十肩に関しては、放っておいても

2年くらい我慢すれば痛みは引いてきます。

2年です!!!

しかも、そのように痛みがなくなったとしても

たいていの場合肩の可動域が狭くなってしまいます。

ですから、早い段階で治療することがとても大事なんですね!!

 

五十肩に関して詳しくはこちら↓

四十肩・五十肩の症状にどうアプローチするのか?

 

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

佐藤亮久整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

下記のお客様はご予約・ご利用を
お断りさせていただく場合がございます。

・1回だけお試しの方
・変更が多い方
・当日変更やキャンセルのある方

  • 完全予約制

  • 休診日日曜・祝日
  • ※水曜・土曜営業9:00~13:00
営業時間 日祝
9:00〜14:00
17:00〜21:00 × ×
LINE特典LINE無料相談受付中
LINE特典LINE無料相談受付中