Tap to close
   

四十肩・五十肩になる人の特徴

四十肩・五十肩になる人の特徴

佐藤亮久整骨院への電話番号 住所

四十肩・五十肩になる人の特徴

こんにちは。

滋賀県草津市の佐藤亮久整骨院の草間です。

今回は四十肩・五十肩になる人の特徴について

お話してみようと思います。

 

 

そもそも、四十肩・五十肩になる人の特徴として、

「肩だけが悪いわけではない」

ということです。

 

どういうことかというと、

人間の身体への症状の出方は基本的に

腰→下肢→上肢→自律神経

の順に悪くなっていきます。

 

なので、身体と上肢の境目である肩に

痛みが出ていたり、動きが悪くなっている人は

すでに腰にも、足にも

だいぶ負担がかかっている状態であると言えます。

 

 

 

上肢の症状(肩や腕の痛み、動きの悪さなど)が出たあと

さらに状態が悪化すると自律神経にも症状が出ます。

 

腕神経叢(わんしんけいそう)と呼ばれる神経は

脳から首を経て、手先にかけてつながっています。

この腕神経叢は、首の部分で自律神経とも重なるように通っています。

どういうことかというと、肩や腕の筋肉が固まることで

腕神経叢が引っ張られるかたちになり、

腕神経叢とリンクする自律神経にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

肩の痛みを放っておくと、自律神経も乱れます。

 

 

自律神経が乱れると

循環器、呼吸器、消化器系のコントロールに

異常をきたしてしまうのです。

具体的には、

めまい・頭痛・吐き気・不眠・

息苦しさ・動悸・しびれ・便秘・生理不順などの症状が出てきます。

 

 

肩や腕の痛みや肩の動きの悪さといった症状と合わせて

上記のような自律神経症状が出ている場合、

四十肩・五十肩は

すでにだいぶ進行している状態だといっていいでしょう。

 

今、現在、四十肩・五十肩の症状が出ている方は

すでに身体全体のバランスが崩れた状態になっています。

四十肩・五十肩症状を訴えて当院に来られる患者さんのほとんどは

腰の痛みや膝の痛みなども経験されています。

 

四十肩・五十肩症状に関してはあくまで進行性の症状です。

放っておいても改善しないどころか、徐々に悪化していきます。

「四十肩・五十肩を放っておいても治った!!」

という方もいらっしゃいますが、

実際に治っているかどうかは分かりません。

そういう方は、痛みはなくなっているとはいえ

動きが悪くなっている方がほとんどです。

 

一般的に四十肩・五十肩に関しては

痛みがなくなるのに2年かかると言われています。

仮に2年後、痛みがなくなったとしても

たいていの場合、

肩の関節の可動域が狭くなってしまいます。

 

治療をした場合、進行度合いにもよりますが

半年を目安に肩が改善していくことが多いです。

四十肩・五十肩症状は放っておけば放っておくほどに

治療に長い期間が必要になるやっかいな症状です。

 

肩や腕の痛み、肩が上がらないなどの症状が出ている場合は

なるべく早い段階での治療をオススメします。

 

  ↓↓四十肩・五十肩症状のご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ↓↓

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

佐藤亮久整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

下記のお客様はご予約・ご利用を
お断りさせていただく場合がございます。

・1回だけお試しの方
・変更が多い方
・当日変更やキャンセルのある方

  • 完全予約制

  • 休診日日曜・祝日
  • ※水曜・土曜営業9:00~13:00
営業時間 日祝
9:00〜14:00
17:00〜21:00 × ×
LINE特典LINE無料相談受付中
LINE特典LINE無料相談受付中