Tap to close
   

四十肩・五十肩と息苦しさ

四十肩・五十肩と息苦しさ

佐藤亮久整骨院への電話番号 住所

四十肩・五十肩と息苦しさ

こんにちは。

滋賀県草津市の佐藤亮久整骨院の草間です。

 

本日は四十肩・五十肩と息苦しさの関係についてのお話です。

肩の痛みや肩の可動域が狭いことと、

息苦しさにどのような関係があるのでしょうか?

あまり想像がつかないかもしれません。

 

 

 

まず、人間の身体というのは神経によって支配されています。

 

たとえば、関節や筋肉を動かすときは

脳から関節や筋肉に電気信号が送られます。

いわば、神経は脳から送られる電気信号の通り道なのです。

 

神経は人間の身体全体に張り巡らされています。

首や肩の部分を切り取って考えてみましょう。

 

 

脳から手の指先までつながっている神経を

腕神経叢(わんしんけいそう)といいます。

この腕神経叢は、尺骨神経や、橈骨神経、正中神経など

腕につながる神経の束の総称です。

この腕神経叢は頸椎5番~胸椎1番(下図のC5~T1)から出て、

指先に向かっていきます。

 

今日のテーマは「四十肩・五十肩と、息苦しさの関係」です。

このテーマの中で、腕神経叢とともに

もう一つ重要になってくるものが横隔神経(おうかくしんけい)です。

 

この横隔神経というのは呼吸に関係する神経です。

人間は呼吸をする際に横隔膜が上下します。

この横隔神経によって横隔膜の動きをコントロールしているのです。

頸椎3番~5番(下図のC3~C5)から横隔神経は出ています。

 

腕神経叢と、横隔神経が頸椎5番のところで

リンクしているのはお分かりでしょうか?

 

四十肩・五十肩は言い換えると

「腕神経叢の異常」と言えます。

腕神経叢に異常をきたすことで、

肩が思い通りに動かなくなったり

肩に痛みが出るようになります。

 

そして、頸椎5番を介して

横隔神経を通る命令にも異常をきたすことで

本日のテーマである「息苦しさ」が起こるのです。

 

腕神経叢と横隔神経は、相互に影響し合っている!!

ということです。

 

 

 

ちなみに

「四十肩・五十肩だから息苦しくなる」わけではありません。

「息苦しいから四十肩・五十肩になる」わけでもありません。

直接この2つの症状は結びつくものではありません。

ただ、いくつかの段階を踏み、いろいろな要素が絡み合うことで

「四十肩・五十肩」と「息苦しさ」は結びつきます。

 

ただ、少なからず、「姿勢の悪さ」

これは「四十肩・五十肩」と「息苦しさ」に共通して言えることです。

 

 

 

四十肩・五十肩は

腕神経叢の神経伝達がスムーズになるような治療をすることも大事ですし、

息苦しさの原因にもなっている「姿勢の悪さ」に対しても

アプローチしていくことで根本的な改善がのぞめる症状なのです。

 

 

 

四十肩・五十肩にかかわる症状についてのご相談

ご予約に関しては下記画像をクリックしてください↓↓

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

佐藤亮久整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

下記のお客様はご予約・ご利用を
お断りさせていただく場合がございます。

・1回だけお試しの方
・変更が多い方
・当日変更やキャンセルのある方

  • 完全予約制

  • 休診日日曜・祝日
  • ※水曜・土曜営業9:00~13:00
営業時間 日祝
9:00〜14:00
17:00〜21:00 × ×
LINE特典LINE無料相談受付中
LINE特典LINE無料相談受付中